4月6日公開の「エンペラーコード」は詐欺?秘儀伝承者「大野靖志」ってどんな人?

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、浪岡です(/・ω・)/

本日、エンペラーコードの無料オファーが公開されましたね。

しかしLPを見てみると「十種神宝の教え」や「言霊の究極奥儀」、「現実創造の秘儀」などなど…

思わず構えてしまうような言葉がずらりと並んでいます。実際に僕も頭の中が「???」でした(笑)

未だ情報も少ないこの「エンペラーコード」とは、一体どんなオファーなのでしょうか?情報を集めてみました。

エンペラーコードのオファー内容とその特徴は?

エンペラーコードとは「言霊の究極奥儀」で、天皇からの暗号だそうです。

大野靖志さんはこれまでにも何度か「ザ・ワープ」や「ライフチェンジ」などと題したセミナーをしており、今回の題が「エンペラー・コード」ということです。

ミュージシャンで言うと、全国ツアーのタイトルみたいな感じですね。

具体的な内容はイマイチ掴めないんですけど…

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]まだ一般には出回っていない秘密の奥義をネット上のプレ講座で教えるよ!ついでに登録してくれたらセミナー参加費が安くなるよ!!あと大野靖志さんが書き下ろした小冊子もどうぞ!

って感じのことみたいですね。

順序的には、

  1. メールアドレス登録後にLINE@の友達追加をすれば、ネット動画の配信URLが送られてきます。
  2. そのURLを開くと「プレ講座壱の巻(短縮版)」と名のついた動画がUPされていますのでご視聴ください。
  3. ノーカット版が見たいなら、動画の感想を書いて特別視聴ページの詳細を受け取ってください

という内容でした。哲学やスピリチュアルが好きな方は楽しめるかもしれません。

大野靖志さんは何がしたいかというと、無料オファーによるセミナー参加者、崇拝者を増やすことが目的でしょう。天皇や日本の色を前面に出しているセミナーなので、新元号が発表されたこの時期がチャンスなのは間違いありませんね。

特商法の表記もきちんとされていました。

 

秘儀伝承者、大野靖志とは一体どんな人?

宗教などになじみがない方からすると胡散臭く感じるこの案件ですが、秘儀伝承者の大野靖志さんとは一体どんな人なのでしょうか?

顔出しこそしていませんが、自己紹介はしっかりと記載がありました。

世界中の宗教やユダヤ教などを研究しているうちに新しい世界観に目覚めたんだそうです。これまでに何冊か著書を出しており、そこそこ売れています。早稲田大学商学部卒業で、国際ロゴシスト協会代表理事も務めています。

現在は、日本から次世代のリーダーを生み出すというビジョンの元、「和の成功法則」を一般に広げる活動に力を入れているそうです。

そしてこの案件にはもう1人キーマンがいます。

それはナビゲーター役の柳田厚志さんです。

彼のセミナーでは具体的な稼ぎ方やノウハウを教えているわけではなく、自身のコントロールの仕方やビジネスマインドを叩きこむ感じなので、稼ぐ!というより「まずはモチベーションを上げたい」「自信の成長を促進したい」という人に向いているのではないでしょうか?

また大野靖志さんも「他者への貢献を通じて自分も成功しよう」「視点を変えて気楽に生きよう」というビジョンを持っているので、柳田厚志さんとダックを組んだのはいい考えだったと思います。

しかし、この柳田厚志さんが数年前に販売していたエメラルドオーシャンビジネスシステムは詐欺だったという情報も出回っています。

だからといってこの案件まで詐欺とは言いませんが、過去を振り返ってみた場合に少しだけ不安になるかもしれません。

エンペラーコードは詐欺?なにかの宗教?

まだ始まったばかりで情報がすくない「エンペラーコード」ですが、詐欺ではないようです。

「宗教」というと偏見がある方には聞こえが悪いですが、こういった”スピリチュアル系”のセミナーは参加者によって感想が分かれるのも仕方ないと僕は思っています。

神でもなんでも「信じる者は救われる」と言いますし、信じたい人だけ信じていれば無関係の人間が詐欺だのなんだのと目くじらを立てることもないように思います。(崇拝者からお金をだまし取っているなら別ですが…)

今回の無料オファーは、そのセミナー参加者を増やすことが目的みたいなので、稼げるオファーではありませんでした。

また新しい情報が入れば更新します。以上、浪岡でした☺

 

【お問合せ】

※登録後、トークから話しかけてください。
必須:お名前+予定運用金額+今の悩み

スマホでご覧の方は、下のボタンをクリックしてください☟

タイトルとURLをコピーしました