30代子育て主婦の平均貯金額はいくら?

この記事は約5分で読めます。

結婚、出産、子供の進学、マイホームの購入など、何かとイベントが多くなってくるのが30代です。まだ子供が小さい30代のうちは”お金の貯めどき”とも言われていて、子育てをしながら働きに出る主婦も多くいます。子供の学費や花嫁費用などを考えると、少しでも多くのお金を溜めておきたいですよね。

そこで気になってくるのが他の世帯や子持ち主婦の貯金です。

  • お隣の主婦は毎月いくら貯金しているのだろう…
  • 30代はどのくらいの貯蓄額があれば安心できるんだろう…
  • 同い年の子育て主婦の平均貯蓄額はいくらなのだろう…

お金にまつわるいろんなことが気になるけれど、現実でそんなこと人には聞けませんよね。そこで今回は、現実では聞けないリアルな30代主婦の貯蓄額を徹底的に調べ上げてみました👌✨

スポンサーリンク

30代子育て主婦の平均収入は?

子育てをしながら働く主婦は多くなってきていますが、その年収はバラバラです。

のんびりと週1~2日のパートでお小遣いを稼ぐ主婦もいれば、フルタイムのパートで10万円以上稼ぐ主婦や正社員でしっかり稼ぐ主婦もいます😮

しかし、稼いでいるのはほんの一握りで、残りのほとんどは扶養内控除や住民税を気にして100万円~130万円程度に調整しながら働いています。

30代主婦のパターン別平均収入

ひとくちに「30代子育て主婦」と言えど、さまざまな生活スタイルや経済事情があるので、平均と言われてもピンとこない方が多いと思います。

30代女性の平均年収は約260万円と言われていますが、これには独身女性やバリバリ働くワーキングマザーも入る為、実際には差が開いているでしょう。そこで今回は「働きかた別」で平均収入を取りました。

  • パターン①…パートでのんびり月収3~5万円
  • パターン②…フルタイムで扶養ギリギリ月収8~10万円
  • パターン③…正社員でがっつり月収18~25万円

このように、同じ30代主婦でも正社員と扶養内のパートでは大きな差が出ます。少し現実的に見た場合、30代パート主婦の年収は高くても124万円が扶養控除ギリギリのラインです。

一方で、子育てをしながら正社員で働く主婦の平均年収は、専門職じゃない限り平均年収は240~300万円ほどです。30代共働き夫婦の世帯収入は約740万円ですから、そのうち3分の1は女性が稼いでいる計算になりますね💭

30代子育て主婦の平均貯金額は?

子育て主婦、子なし主婦に関わらず、30代夫婦の平均貯蓄額は167万円です。

[補足]…30代夫婦の平均貯蓄額を調べると「平均値は395万円」という数字出るのですが、一部の富裕層が平均を押し上げていることもあるので、小さい順に並べて真ん中を取る「中央値」を参考にしています。

意外と少ないなと感じますが、マイホームや車の頭金などでぐっと減っていたりすることが考えられます。また驚くことに、30代夫婦のうち、3割の世帯が貯蓄額を0円と申告しており、これも平均貯蓄額が低くなる要因の1つでしょう。

さすがに貯蓄0は将来が不安なので、まだ子供にお金がかからないうちに何とかしてお金をためておきたいものですね💭

30代子育て主婦のへそくりは?

では、夫に内緒の貯蓄「へそくり」の場合はどうなるでしょうか?30代子育て主婦の皆さんが本当に知りたい貯蓄額はこっちだと勝手に推測します(笑)

数年前に明治安田生命が行った「良い夫婦の日に関するアンケート調査」では、主婦たちのリアルな貯蓄額が浮き彫りになりました。

全体1,268,446円
20代830,630円
30代966,437円
40代1,033,433円
50代1,072,137円

明治安田生命「良い夫婦の日」に関するアンケート結果

これを見ると、30代子育て主婦のへそくり、平均貯蓄額は約100万円ということがわかりますね。世帯貯蓄と合わせるとおよそ367万円となり、ようやく平均値に近づく数字になりました。へそくりの理由は、「自分や子供の将来の為」というのがほとんどのようです🎀

30代子育て主婦の1カ月の食費は?

最後に、30代子育て主婦の1か月の食費について見てみましょう。まずは理想的な生活費について調べてみました。

1、理想的な生活費の割合

一般的な家庭で考える、理想の生活費の割合はこんな感じです。

  • 家賃などの住宅費    約26%
  • 家庭全体の食費     約13%
  • 水道光熱費・通信費   約11%
  • 生命保険料など     約5%
  • 自動車関連・交通費   約4%
  • 生活日用品       約3%
  • 医療費         約2%
  • 教育費         約4%
  • 洋服代         約2%
  • 交際・娯楽・嗜好品   約8%
  • お小遣い        約9%
  • 貯金          約10.5%
  • その他         約2.5%

これを基に計算すると、たとえば世帯月収が50万円の場合、毎日のお昼ご飯や週末の外食も含め6万円ほどを食費として使える計算になりますね。

2、1人当たりの1か月の食費

しかし食費はいちばん変動させやすい生活費です。節約レシピ等を活用すれば低くなり、毎日外食をすれば跳ね上がります。また家族の人数によっても食費は変動します。

  • 30代夫婦2人家族の場合…3~4万
  • 30代3人家族の場合…5~6万円
  • 30代4人家族の場合…6~7万円

30代夫婦2人でも最低3万は食費がかかります。あとは子供の年齢にもよりますが、30代子育て主婦がいる家庭の場合、人間が1人増えるごとに約1万円ずつあがっていく様子でした😊

まとめ

  • 30代はお金の貯めどき
  • 30代子育て主婦の平均年収は約260万円
  • 30代の平均世帯貯蓄額は167万円
  • 夫に内緒の平均貯蓄額は約100万円
  • 30代子育て主婦の1か月の食費は5万円前後

20代と違い、現実的に物事を考えなくてはいけないのが30代。仕事に子育てに忙しい中、悩める主婦のみなさんはどうにか節約して貯蓄を増やそうと日々奮闘していますよね。まだ子供が小さい30代のうちにお金をためて、ランドセル代や将来の学費、結婚資金などに備えておきましょう💖

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました